-エコ

2009年7月アーカイブ

サーモマグ

| コメント(0) | トラックバック(0)

エコブームの影響でマイ箸を持ち歩く人が増えました。それに続くのがマイマグカップ。中でも「サーモマグ」が大人気です。
サーモマグは、従来の水筒のような役割をしてくれるマグカップです。おしゃれで携帯するのにも便利なことから人気を集め、最近様々なメーカーから発売されています。

高い保温・保冷機能があり、温かいものは温かく、冷たいものは冷たいまま保存してくれます。また、2重構造になっているので、熱くて持てなかったり冷たい水滴がつくこともありません。
形はタンブラータイプがほとんどですが、マグカップやスープカップタイプもあります。飲み口のフタもスライドタイプ、回転タイプ、ボタンタイプなどがあり、様々です。

サーモマグを進化させた「ウォールマグ」もあり、値段は少し高めですが電子レンジに対応しているので、冷めても温め直すことができます。さらに、コーヒーメーカーにもなっていて、スイッチを入れたまま保温しておくと煮詰まってしまっておいしくなくなるという欠点を解消した、煮詰まらずに保温できるコーヒーメーカーです。フィルターは繰り返し使えるようになっていて、茶こしにもなるので紅茶も飲むことができます。

エコバック

| コメント(0) | トラックバック(0)

近年、スーパーやコンビニなどでレジ袋が有料化しています。日本では年間約300億枚もが使用されており、環境に対する大きな問題点の1つとして取り上げられてきました。

レジ袋は、ほとんどの家庭で最終的にゴミとして捨てられており、家庭ゴミの6割を超えるとも言われています。つまり、この使用量が減ればゴミも減り、原料である原油の資源節約にも繋がります。
1995年に制定された容器包装リサイクル法では、ペットボトルやガラスビンなどと同様にレジ袋も削減・再利用の対象となっていましたが、一向に改善されないため、国は深刻な問題として対策法を考え、2007年4月新たに改正容器包装リサイクルを施行しました。

レジ袋などの容器包装を一定量以上使用する事業者は、容器包装使用を合理化するための目標設定や有償化、マイバックの配布など排出抑制を進めるための取り組みが行わなければならず、容器包装を年間50トン以上使用する場合は、その取り組みを毎年国に報告する義務があります。

また、杉並区ではレジ袋1枚につき5円を課税する「すぎなみ環境目的税」が定められ、2005年度にはマイバック持参率が35.2%にもなっています。「エコバック」は、様々なブランドから発売されており、おしゃれアイテムの1つとして注目を集めています。人気ブランド「マークジェイコブス」のエコバックは、各店舗で品切れが続出しているほど大人気です。

 

 メタボリック症候群の予防法  スキンケア商品  女性用の育毛剤  ビキニラインの脱毛

マイ箸

| コメント(0) | トラックバック(0)

日本は「箸の国」とも呼ばれるほど、世界で一番箸を使用する国で、その種類も数え切れないほど多く存在します。
近年、温暖化や自然破壊などの環境問題について真剣に考える人々が増え、エコブームが起こりました。
その中でも「一度使ったら捨ててしまう割り箸はもったいない」と思いから、自分の箸を持ち歩く「マイ箸」がブームとなっています。

外食をする際、マイ箸を使えばゴミも減り、そのような人々が増えれば割り箸の需要も減り、やがては森林伐採を防ぐことに繋がるという考えです。
デパートや百貨店、さらには老舗の手作り箸を売っている店でも箸が売れ、たくさんの種類のものが売られています。

プロ野球で捨てられるだけになっていた折れたバットをリサイクルして作ったものもあり、マイ箸を使うことで自分に、人に、地球に優しくなれるということから「ありがとうマイ箸」と名付けられています。
今、地球にある自然は、私たちだけのものではありません。未来の子供たちにとっても必要な、生きていくための大切な存在です。
「塵も積もれば山となる」というように、たった1人の心づかいも、やがては世界の力となります。そして、そういった心づかいは、平和にもつながるのです。

 

 脂肪燃焼サプリメント  抜け毛対策  プチ豊胸をやる前に  エステサロンの光脱毛

エコ検定

| コメント(0) | トラックバック(0)

エコ検定(正式名称:eco検定)とは、環境に対して幅広い知識をもち、それを生かして社会の中で率先して環境問題に取り組む人々が増えるよう、「持続可能な社会」を目指して作られた環境社会検定試験です。東京商工会議所によるもので、社会と環境を考える人のために始められました。検定を取得すると、日常生活の中で環境に配慮した行動ができるようになり、今後の未来について幅広い視野で考え、取り組むことができます。

また、社会人の方は、知識を活用して新たな発想を生み出せるほか、企業のイメージアップにもつながり、学生の方は就職活動や進学の際、アピールする材料になり、一般の方は、地域や社会の活動に生かすことができます。2008年7月に行われた第4回試験での受験者数は16426人で、合格者は11942人、合格率は79.7%でした。そして、12月に行われた第5回では受験者数24171人、合格者14267人、合格率64.8%と受験者数が増加し、合格率も上がっています。

近年、環境問題の深刻化に伴ってエコブームとなっています。ほとんどの人が「自分にも何かできることはないだろうか」と考えた時に、まず、環境に対しての知識を身に付けることから始めるのではないでしょうか。東京商工会議所では、検定合格者に敬意を込めて「エコピープル」と呼んでいます。環境に優しくなれれば、きっと人にも優しくなれるでしょう。それはやがて、平和にもつながるのです。

 

 にんにくサプリメント  不妊対策サプリメント  鉄分のサプリメント  糖尿病サプリメント
カテゴリー
更新履歴
サーモマグ(2009年7月18日)
エコバック(2009年7月18日)
マイ箸(2009年7月18日)
エコ検定(2009年7月18日)
カテゴリー
更新履歴
サーモマグ(2009年7月18日)
エコバック(2009年7月18日)
マイ箸(2009年7月18日)
エコ検定(2009年7月18日)