Top > エコバック

エコバック

近年、スーパーやコンビニなどでレジ袋が有料化しています。日本では年間約300億枚もが使用されており、環境に対する大きな問題点の1つとして取り上げられてきました。

レジ袋は、ほとんどの家庭で最終的にゴミとして捨てられており、家庭ゴミの6割を超えるとも言われています。つまり、この使用量が減ればゴミも減り、原料である原油の資源節約にも繋がります。
1995年に制定された容器包装リサイクル法では、ペットボトルやガラスビンなどと同様にレジ袋も削減・再利用の対象となっていましたが、一向に改善されないため、国は深刻な問題として対策法を考え、2007年4月新たに改正容器包装リサイクルを施行しました。

レジ袋などの容器包装を一定量以上使用する事業者は、容器包装使用を合理化するための目標設定や有償化、マイバックの配布など排出抑制を進めるための取り組みが行わなければならず、容器包装を年間50トン以上使用する場合は、その取り組みを毎年国に報告する義務があります。

また、杉並区ではレジ袋1枚につき5円を課税する「すぎなみ環境目的税」が定められ、2005年度にはマイバック持参率が35.2%にもなっています。「エコバック」は、様々なブランドから発売されており、おしゃれアイテムの1つとして注目を集めています。人気ブランド「マークジェイコブス」のエコバックは、各店舗で品切れが続出しているほど大人気です。

 

 メタボリック症候群の予防法  スキンケア商品  女性用の育毛剤  ビキニラインの脱毛
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
サーモマグ(2009年7月18日)
エコバック(2009年7月18日)
マイ箸(2009年7月18日)
エコ検定(2009年7月18日)